Mojavi/01まず動かしてみよう の編集

  1. ダウンロード先
    http://mojavi.net/
  2. インストール先
    http://sakura.tsukuba-g.ac.jp/
    インストールする前のhttpd.conf
    バーチャルドメインにしてあります。
  3. 展開
    cd /var/www/sakura/mojavi
    tar zxf mojavi-3.0.0-dev.tar.gz
  4. 移動
    mv 3.0.0-DEV/source/* .
    /bin/rm -rf 3.0.0-DEV
  5. Webサーバhttpd.confの変更
  6. 許可
  7. webapp/config.phpの編集

    <REPLACE ME> を 含む業を下に変更
    define('MO_APP_DIR', realpath('../mojavi'));
    define('MO_WEBAPP_DIR', realpath('../webapp'));
    最後に下を追加する
    date_default_timezone_set('Asia/Tokyo');

  8. www/index.phpの編集
    require_once('INSERT PATH TO "webapp/config.php" HERE');
    require_once('INSERT PATH TO "mojavi/mojavi.php" HERE');

    require_once('../webapp/config.php');
    require_once('../mojavi/mojavi.php');
    に変更する。
  9. インストール完了
    http://sakura.tsukuba-g.ac.jp/mojavi/ で確認する。
  10. ディレクトリィの構造
    /var/www/sakura/mojavi/
      mojavi             //モハビ本体
      html        //
      webapp             //
           /cache       // configのキャッシュ
           /config      // 設定.ini
           /lib         // Action,DBなどを置く
           /modules     // コンテンツを置く
                   /Default モジュール
                           /actions      // Actionを入れる
                           /config       // Majavi,Smartyが使う
                                  /module.ini  //モジュールの情報
                                  /filter.ini  //フィルターの情報
                           /lib          //
                           /modules      //
                           /templates    // 画面のテンプレート
                           /validate     // validator用
                           /views        // View
           /templates   // Smartyのtemplates